大規模システム開発からネットワークの構築、コンサルティングサービスまで。|IT総合支援のSICグループ

  • お知らせ
  • 個人情報保護方針
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
SICグループ採用専用サイト
SICグループ採用情報 SICグループ採用情報

FAQ

文系でもSEやプログラマーになれるのでしょうか?

ずばり可能です。

当社の社員は80%以上が情報系の勉強をしてこなかった方々ですが、皆さんSE、
プログラマーとして活躍しています。文系の方も70%以上いますのでご安心ください。

当社は入社前研修をはじめ、教育に対する制度に力を入れています。

入社前研修としては、以下の研修を実施します。

1.ビジネス研修
・社会人になるための不安を取り除く通信教育
・動画視聴によるビジネスマナー研修

2.テクニカル研修
プログラムの基本を楽しみながら研修をし、
半年後には自分の書籍を管理する右の写真の
ようなシステムが作成出来るレベルになります。

今まで完成しなかった学生はいませんのでご安心ください。

q01

SEの魅力は、どんなところでしょうか?

SEの魅力はいくつもありますが、大きく3つご紹介します。

1.企業経営の中核を支援する仕事である
現在の企業経営はコンピューターシステムなしでは出来ないといっても過言ではありません。
その企業経営の中核を担うシステムを支援する仕事がSEです。
責任はありますが、企業経営の中枢を支援するやりがいのある仕事です。
打ち合わせなど企業の上層部の方と打合せが出来ることも他の職種にない魅力です。

2.幅広いスキルが身につく
SEはコンピュータスキル、会計スキル、コミュニケーションスキル、プレゼンスキル、マネジメントスキル、問題解決スキルなど、ほかの職種と比較し、より多くのスキルを身につけることが出来ます。
また、身につけたスキルをプライベートで活用できるのも他の職種にない魅力です。
女性の方は手に職をつけたいという理由で、SEを選択される方もいます。

3.時流の仕事である
現在、ありとあらゆる所でコンピュータの利用がされています。
今後もその領域は減ることはなく、拡大する方向にあります。
そんな業界ですので、将来にわたり、活躍する場がなくなることはないと思います。

q02

一日中パソコンに向き合っているのでしょうか?

SE、プログラマーは一日中パソコンとにらめっこしているというイメージを持たれている方が多くいらっしゃいますが、実際はそうではありません。
システム、プログラムのレビューやミーティングがあったり、お客様に訪問したりと人と接する機会が多いのが現実です。
SEの必要なスキルで一番重要で大切なものは「コミュニケーションスキル」になります。
お客様からのヒアリング、プレゼン、社内のメンバーとのコミュニケーションなど、コミュニケーションが必要なシーンがたくさんあります。

q03

社員教育は、どのようなものがあるのでしょうか?

当社の教育を支援する制度としては、次のようなものがあります。

1.研修制度
(1)内定者研修
内定者を対象とした入社直前までの研修になります。

(2)新入社員研修
昨年から入社後2ヶ月間は外部研修に参加をして頂き、コンピュータの基礎知識、
Javaプログラミングをしっかり学んで頂きます。

(3)OJT
新人研修終了後、配属された職場で業務を通しながら、学習をして頂きます。

(4)プログラミングコンテスト
階層により課題を設け、その中でコンテストを行なう制度です。
優秀な作品を表彰し、記念品、賞金を授与します。
右の写真は、2013年度の優秀作品です。

q04

(5)中堅社員研修
リーダー層になる社員を対象に行なう研修になります。
コーチング、マネジメントなどの研修を行ないます。

(6)幹部候補研修
将来幹部を目指す社員を対象とした研修になります。

社員教育は、どのようなものがあるのでしょうか?

自己啓発を支援する制度
(1)資格合格祝い金
経済産業省の情報処理技術者試験、ITベンダーのIT系の資格、簿記などの資格も含め、
現在、約150の資格に支給しています。

(2)eラーニング
インターネット環境があれば自由な時間に学べるeラーニングの
環境を用意しています。
新入社員教育、若手/中堅社員教育、管理・監督者教育、
ものづくり、営業/販売/サービス、経営課題/CS、健康/メンタルヘルスなど
多くのジャンルを自主的に学習することが可能です。

社員が宝ですので、教育や自己啓発の支援には特に力を入れています。

q05

どのようなシステムを開発しているのでしょうか?

当社で開発しているシステムは、企業が利用する業務系のシステムになります。
具体的には、売上や在庫などの管理をする販売管理システムや財務会計のシステムなど、企業運営で必要な業務に関わるシステムの開発を行なっています。

開発する形態としては、大規模なシステムを開発する場合はお客様に常駐し開発をするケースと中小企業向けのシステムは自社内で開発をするケースがあります。

現在までに数多くの業種、業務のシステム開発実績があります。
自社のオリジナルパッケージとしては、プロパンガス業界向けのシステムや配送上の品質を見える化するITサービスなどがあります。

今後はシステムを利用して頂く形態のITサービスに力を入れていきます。

q06

キャリア形成はどのような流れでしょうか?

キャリア形成に関しては、「入社前研修・新入社員研修・OJT」から始まり、「プログラマー」、「システムエンジニア」、「上級システムエンジニア」とキャリアを積んでいきます。
そこから先はそれぞれの希望と適性に合わせ、キャリアステップが設定されています。

最初の10年程度は同じキャリア形成を歩みますが、その後は、経営志向、プロマネ志向、技術志向の大きく三つに分けて、本人の適性を見ながら、キャリア形成を設定します。

一番力の発揮できる領域、ポジションで活躍をして頂きます。

q07

どんな社風なのでしょうか?

一言でいえば、アットホームな感じです。
経営陣との距離も近く、風通しのよい会社です。
社員の人柄は穏やかな感じの方が多いと言われています。
アットホームな中にも規律を大事にした社風を目指しています。
会社行事、懇親会を年3回ホテルで開催するなど、懇親の場も多く設け、社員の一体感を大切にしています。

q08

グループ企業とのつながりはどんな感じなのでしょうか?

当社グループとしては、IT業界以外では、IT専門学校、日本語学校、プロパンガス会社、住宅販売会社、不動産賃貸、信州蕎麦製造販売など様々業種のグループがあります。グループ間のつながりはそれほど強くありませんが、システム関連に関しては、当社でサポートをさせて頂いているケースがあります。

また、SICグループである株式会社ニッセルワン、株式会社エムエーシステム、株式会社ルート14、株式会社東京ロジスティクス研究所とは密接に相乗効果を高めるように連携しています。

q09

東京ロジスティクス研究所は、物流のコンサルティングを行なっている会社になりますが、コンサルティングをした結果、コンピューターによる業務改善が発生した場合は、当社でシステム受託する場合などがあります。
今後もシステムの共同利用などをはじめ、連携を強化をしていきます。
また、適性や本人の希望により、コンサルティングへの転向も可能です。

q09_2

福利厚生はどんなものがありますか?

福利厚生としては、各種保険、年金を完備しております。